ストーカー対策ナビ TOP >> ストーカーの心理 >> 愛情の枯渇

愛情の枯渇

さて、ストーカーがなぜこのような行為に至ってしまうのか。これは、『愛情の枯渇』が原因と言われています。幼い頃、親から十分に愛情を受けられなかった人や、社会に出てから疑心暗鬼に陥ってしまい、人を愛する術を忘れてしまった人がストーカー行為に走りやすいと言います。

『もっと愛して欲しい』『もっと自分を認めて欲しい』という愛情の枯渇が、ストーカーの根底にある気持ちです。よく、『ストーカー行為は卑劣なことである』『ストーカーの気持ちが理解できない』という人も居ます。しかし、頭ごなしにそのように言うのはいかがなものでしょうか。

確かに、ストーカー行為はあるまじき行為であり、罰せられるべき行為です。しかし、ストーカーは私達と同じ『人間』です。どうしてそのような行為に至ったのか。何故そこまでしてターゲットを追いかけなければいけなかったのか。もとを辿っていけば、ストーカーがストーカーになってしまう原因というものが存在します。

私達がこうして日常を平和に、心穏やかな日々を過ごせるのは、有る程度愛情が満たされているからです。『そんなこと考えたこともなかった』という人もいるかもしれませんが、普段受けている恩恵を思い出せば、たくさんの人から支えられてきたことに気付くのではないでしょうか。

『私は一人で生きている』という考えに至ってしまったら最後です。あなたは一人で生きているわけではありません。自立しているとは言っても、今現在お金を稼げているのは、仕事をする場所があり、あなたの仕事を認めてくれる上司が居るからです。そして、今あなたが無事に生きているのは、あなたを産んで育ててくれた人が居て、あなたの安全を考えてくれる人が周りにいるからです。

一人で生きている人間など、この世には一人も居ません。しかし、それを知る手段としては親からの十分な愛情であったり、何かを達成した時、周りに仲間が居てくれることです。ストーカーは、それを知る機会を逃してしまっただけなのです。


抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐ならおしゃれで機能的なsun&beach!