ストーカー対策ナビ TOP >> ストーカーの心理 >> 「悪いことはしていない」

「悪いことはしていない」

ストーカーには、罪悪感が有りません。先程紹介した『消極型ストーカー』にしても、口では『迷惑ですよね』と言いながらも、本当は別に悪いことをしていると思っていません。そもそも、自分のしている行為を迷惑だと思っていたらストーカー行為には及びません。

ストーカーは、自分が悪いことをしているというよりも、『どうして私の気持ちが伝わらないのかわからない』『私はこんなに愛情表現をしているのに、つれない人だ』位にしか思っていません。基本的に、ストーカーは自分の気持ちを中心に考えているので、ターゲットの気持ちを考えている余裕はないのです。

したがって、「放っておけばその内収まる」というように楽観視せず、一刻も早く対処しなければいけません。『悪いことをしている』という自覚が無い上にストーカーは基本的にとてもタフなので、放置しておけば余計状況が深刻化していく場合がほとんどです。

むしろ、放置しておけばしておくほど、ストーカーの心の中では『私の気持ちに気付いているにも関わらず、冷たくあしらっているだけ』という考え方になり、ますます気持ちは膨れ上がっていく一方です。そうなってくると、何も対処せずただ放置するという行為は、ストーカーの気持ちを助長することになってしまう恐れがあります。

そして、ストーカーがいつまでもターゲットを追い続ける理由の一つとしては、『もっとよく知りたいから』というものがあります。今度は、その心理についてお話していきたいと思います。