ストーカー対策ナビ TOP >> 対策 >> 周囲との協力

周囲との協力

ストーカー被害に遭った場合、周囲との協力は欠かせません。一人で立ち向かう人も居ますが、味方が多いに越したことはありません。ストーカーは基本的に単独犯である場合がほとんどなので、仲間を増やしてストーカーを撃退することを考えましょう。

ただし、この時注意しなければいけないのは、『ストーカーがターゲットの周りの人間に対して嫉妬を覚え、攻撃の対象として見る恐れがある』ということです。かと言って、親しくもない相手にストーカー撃退の味方として協力を頼むのは、いささか心許ないのではないかと思います。

まず、ストーカー対策として周囲に協力を頼む時は、日頃から『冷静に対処出来る頼れるタイプの人』か、『精神的にタフなタイプの人』を選びましょう。実際事件が起きた時、自分を支えてくれると信用出来て、尚且つ能力的にも頼れるタイプの人を選ぶことが大切です。

この判断を誤り『何となく仲が良いから』というだけで協力者を選んでしまうと、いざという時にストーカーからの攻撃に耐えられなくなり、仲が良かったと思っていたにも関わらず、ストーカー事件が原因で関係がこじれてしまう可能性も出てきます。

冷静な判断が出来る人や精神的にタフな人は、ストーカーが何らかの策を弄してターゲットとの関係を裂こうとしたり、いざストーカーから嫌がらせが来たとしても何なくあしらうことが出来ます。

ストーカーからしてみれば、『ターゲットと周りの人の仲が悪くなって、ストーカーしか目に入らなくなる』という事象は大変望ましい状態です。このような時こそ、頼れる人物との結束を固め、ストーカーに立ち向かっていくことが重要になります。


アレグラ
アレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ウォーターサーバーレンタル 無料
天然水を手軽に生活に!