ストーカー対策ナビ TOP >> 対策 >> 心療内科

心療内科

ストーカー被害に遭っている最中は、精神的にとても追い込まれやすく、なかなか冷静な判断が出来ない場合もあります。実際、ストーカー被害に遭い続けて自殺してしまう人も少なくはありません。もしもストーカーに遭って精神を病んでしまうことがあれば、心療内科を訪ねてみましょう。

心療内科は、ストーカーに対して直接対策を打ってくれるわけではありません。しかし、ストーカー被害に遭ったターゲットの心を緩和し、冷静に判断をする為の手助けとしては十分役に立つことでしょう。精神的に不安定なままでは、ストーカーの思うつぼになり、対策を打つどころかまともな判断すら出来なくなってしまいます。

ストーカーのターゲットになってしまった人の心理として、『私の心が落ち着かないのはストーカーのせいだ』『おかしいのは私の方じゃなくてストーカーの方だ』と思ってしまい、本人は冷静なつもりになって居ても、いざストーカーと対峙した時や、ストーカーに対して何かしらのアクションを起こす際、結果的に良くない方向に進んでしまう場合があります。

ストーカー被害に遭って少しでも精神的に追い込まれているようであれば、素直に心療内科を受けましょう。心療内科でカウンセリングを受けるのも少し抵抗があるというのであれば、周囲に対して助けを求めることも大切です。しかし、周囲への協力を求める場合は、少し配慮しなければいけないポイントがたくさんあります。次は、周囲への協力の求め方について、具体的にお話ししていきたいと思います。


アラバ
アラバなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

学会ポスター
学会ポスターならディプリーズ楽天市場店で!