ストーカー対策ナビ TOP >> ストーカーの被害 >> 自殺のほのめかし

自殺のほのめかし

ストーカーは、自分の思い通りにターゲットが動かないのを見ると、「会ってくれなければ自殺する」と言った自殺のほのめかしに走るケースがあります。これはこれで、非常に厄介なケースです。

「自殺したければすれば良い。私には関係ない」と言えるようなターゲットであれば、そもそもストーカーの対象としてはほぼ選ばれないと言っても良いでしょう。ストーカーがターゲットとして選ぶのは、優柔不断で、自分に対して常に構ってくれそうなタイプです。

したがって、『自殺をする』ということをほのめかせば、ターゲットがストーカーを放置出来ない、ということをストーカー自身も心得ているのです。卑劣で卑怯な手段だと思う人も居るかもしれませんが、ストーカーもターゲットを追い回している内は手段を選びません。

この訴えに負けて、面会の要求に応じたり、連絡を取ってしまったら最後です。もうストーカーから逃げることは不可能と考えても良いでしょう。下手をすると、ストーカーと精神的に『共依存』してしまうケースもあります。

言ってしまえば、ストーカーは面会の要求に応じなかったり、連絡に応じてもらえなかったところで自殺をすることはほぼありません。リストカットの写真や真剣に自殺を考えている文面を送られても、全く無視して問題ないでしょう。仮に自殺してしまったとしても、責任を感じる必要はありません。仮にストーカーの生命が心配だと思った場合は、ストーカーの正体を一刻も早く突き止め、警察に保護してもらうことが一番の策だと言えます。


白衣 女性
白衣の女性のユニフォームなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イタンゴ
イタンゴなら医療関係者向けの製品情報サイトで!